社員インタビュー

Aさんの場合

・前職:飲食業

・現在携わっている業界:キャリア/インフラ系

・現在業務において使用している言語:Python、Ruby、C+

 

私はもともと飲食店アルバイトをやっておりました。

きっかけは、たまたま友人に誘われたIT関連のお仕事の手伝いをしないかと誘われました。

全くの未経験だったのですが、「未経験でも責任感があれば大丈夫!」などと背中を押され、

Webサイトのリンクテストをお手伝いする仕事につきました。

私が担当したテスト業務は想像していたよりも抵抗なく、簡単に仕事を進めることができました。

もともと飲食関係で丁寧な接客は身についていたためか、

周りのエンジニアともスムーズな人間関係を築くことができましたし、

同時にWeb関連の業務に興味を持つことができました。

実際にIT業界で働いてみて、働く現場にルールや手順があってそれを丁寧に理解し仕事をする

という点においては、どの業界も変わらないと思います。

それでいて、素敵なオフィスでお仕事ができているので、転職してよかったなと感じています。

そのまま2年半が過ぎた今、IT関連の知識が増えました。

会社の上司にも、「Aさんは、ネットワーク関連の資格勉強しなくても取れそうだね!」

などと、お世辞かもしれませんが、そのように言われるレベルになったのかと凄く自信につながってます。

またエンジニアの業界に一度足を踏み入れると、産休で休職したとしても、

いつでも復帰が可能なほど、人材不足な業界なので、再就職についての心配はいらない業界だと感じております。

また、近年は働き方改革なるものが提唱されはじめ、

IT業界はPCさえあれば仕事ができるので、もしかすると自宅で仕事ができる日が来たら

真っ先に恩恵が味わえるのではないかと、日々ドキドキしております。(笑)

Bさんの場合

​・前職:一般企業事務

・現在携わっている業界:webコンテンツ

・現在業務において使用している言語:Ruby

 
私はパティシエになりたいという漠然とした夢がありましたが、
 
最初の入り口を見つけられないまま、いつしかその夢を自分から諦めてしまいました。
 
家族のために一般企業に就職しましたが、目標もなく辛いだけの日々……。
 
お金はいるけどこの先どうしよう……と思っていたところ、
 
たまたま知人からIT関連の仕事を紹介されました。
 
ITの知識すら全くない自分に務まるのか、正直とても不安でした
 
しかし、自分なりに調べていくうちに、IT業界は『転職後給料アップランキング』の上……!
 
もともと社会人の基礎はあるので、あとはITの知識を付けるだけだと転職を決意しました。
 
ITについての知識が薄くても、手順に沿って行動するということが出来ていれば務まる業務が多く驚きました。
 
仕事に必要な知識は、先輩に教えてもらいながら仕事中に知識を増やしていくことができました。
 
そこから興味が広がり、自身でも勉強を進めていき、
 
最近では、有名なパティシエのお店のWebコンテンツなども手がけるチームに参加することができました!
 
夢であったパティシエともITの方面から関わり、支えることが出来たことがとてもうれしかったです。

大好きなスイーツの見せ方については自分で超一流!と勝手に思い込んで製作したコンテンツでしたが、

パティシエのお客様からも、大変評価して頂けました。

 
そして前職よりお給料もアップ!生活がとても豊かになりました!
 
あの時、給料アップにつられて飛び込んでみてよかったと心の底から思っています!

現在はより良いWebコンテンツ作成のために、カラーコーディネーターの資格取得に向け勉強しています。

 
 

Cさんの場合

・前職:IT企業

・現在携わっている業界:金融系

・現在業務において使用している言語:

大学卒業後、IT系の企業に入社いたしました。

テストエンジニアとしてキャリアをスタートしましたが、毎日同じ業務の繰り返し…

もっと自分が成長できる仕事がしたい」と思い、転職を決意しました。

開発エンジニアとしての仕事を開始し、覚える言語も増え、慣れるまでは大変でした。

しかし、これまで一人で手順書通り行っていた仕事を周りの同僚や先輩方と

共につくっていく喜びを深く感じることが出来ています。

昔から好きだったものづくりを出来ている喜びを感じています。

テストエンジニアとして、ITエンジニアの基礎は身についていたおかげか、

転職後も特に抵抗なく業務を開始することができました。

会社の方々も自分の将来を一緒に真剣に考えてくれて、

キャリアアップのために様々な経験をさせてくれる会社だと強く感じています。

気が付くと明日必要なスキルは今勉強しながら働く!という習慣が身についていました。

もともと勉強は好きな方ではなく、勉強や資格といった言葉からは縁遠い私でしたが、

一緒に仕事をするチームに迷惑をかけたくない!という思いだけで、日々を過ごし

気がつけば、今は現場のリーダーを任されております。

今後ももっと自分の必要な知識や経験を身に着け、自分にしかできない仕事をしたいと思います。